[Q&A]歯を抜かないで治してもらえますか?

歯とあごの大きさのバランスが悪いことが原因で歯並びが悪い(ガタガタや出っ歯など)場合には、歯を抜くことが必要になるケースがあります。程度によっては、あごの大きさを横に拡げたり、奥歯を後ろに下げることで対応できることもありますが、正しい咬み合わせにするためには抜歯が避けられない場合もあります。

本来抜歯が必要なケースで、歯を抜きたくないばかりに無理にあごを拡げると、骨から歯が飛び出してしまったり、歯が前に出て、口元が不自然になったり口を閉じにくくなったりすることがあります。骨の中に無理やり歯を並べているので、装置をはずすと元に戻ってしまうこともあります。

抜歯が必要かそうでないかはケースによって異なります。実際に治療を開始する際には、歯型を計測し、レントゲンをコンピューターで分析し、骨の中の歯の位置・角度を細かく計測した上で、理想的な状態に治療するために、抜歯・非抜歯のどちらがよいかを診断しています。
抜歯が必要と診断した場合には、小臼歯(前から4番目または5番目の歯)を抜くことが多いです。歯を抜いたスペースは歯並びの改善に利用して、きちんと閉じるので、治療後にはどの歯を抜いたかわからない状態になります。

はじめの状態。ガタガタと出っ歯が主訴でした。


前から4番目の歯を抜いて矯正装置をつけています。


矯正治療が終了した状態。歯を抜いた隙間を利用してガタガタと出っ歯がきれいに治っています。