白く、美しく、丈夫な歯~ジルコニア~

ジルコニア ~強く、軽く、優しく、美しい。人工ダイヤモンド、ジルコニアから生まれた「プレミアム・人工歯素材」~
ジルコニアって?
白い金属と言われているジルコニアは、セラミック(せともの)でありながら金属に匹敵する強度を備えており、近年、各方面で注目されている素材です。
歯にかぶせる冠を造る場合に、より自然に見えるようにする為に、又、金属アレルギーを起こさない為にも、金属ではなくセラミックを用います。
セラミックの冠は、色が天然歯とにている、汚れがつきにくい、変色しない、すり減らない、歯垢がつきにくい、歯肉に炎症を起こしにくい、アレルギーの原因にならない等の多くの良い点があります。
しかし、ブリッジ等のように何本かの歯をつないで冠を造るには、強度が不足することと、削った歯にピッタリと適合する冠を造れない等の欠点がありました。
強度不足はジルコニアの出現で解決し、適合の問題はCAD-CAMを用いる事で解決されました。
新しい歯のつくり方、「CAD-CAM」って?
CAD-CAM(キャド・カム)とは、コンピュータで歯の形を記録して、自動切削機でジルコニアの塊を削って患者様の歯にピッタリと適合するキャップを造る技術です。
このようにして造られたジルコニアのキャップの上に、歯科技工士が陶材を盛り上げ、電気炉で焼成して、一本一本丹念にセラミックの歯を作り上げていきます。

CAD-CAMでデザインされた歯は、その方だけのオーダーメイド。ミクロン単位でデザインできるので、お口にぴったりとフィットします。それに、金属のように重くないので、お口の中に違和感が残りません。
体に優しく。 ジルコニアは、人工関節としても使用されるほど人間の体に優しい材料です。この材料を歯科治療に使用すれば、金属イオンの流出がなくなり、アレルギーの心配が軽減されます。 長い間つけておくものですから自然に近い、安心出来る素材をおすすめします。

型採りした状態

ジルコニアの試適
一般的な金属の土台と異なり、ジルコニアは白く透過性があるため、見た目が美しく自然な歯を創り出してくれます。

陶材を盛り上げ完成です。

お口の中にセットしました。