ドライマウス(口腔乾燥症)

ドライマウスとは・・・

現在ドライマウス人口は800万人と推定されています。
口の中や喉の渇きを主訴とする症状が現れます。主にストレスや不規則な食生活、薬物の副作用が原因 。口の中のネバネバ感、虫歯、歯垢や舌苔の増加、それに伴った口臭も現れます。

DRY MOUTH SOCIETY JAPAN

◆よく見られる症状◆

  • 口が乾く
  • つばがでない
  • はなしづらい
  • 舌がヒリヒリ痛い
  • 食べ物がうまく飲み込めない
  • 味がわからない
  • 水をいつも飲んでいる
  • 口臭が気になる
  • 夜間飲水のために起きる
  • 虫歯や歯槽膿漏がひどくなった

「唾液」はとても重要な役割があります。

  1. 口臭の防止:口腔内の洗浄効果と、口臭原因物質の揮発の防止
  2. 消化酵素による食物の消化
  3. 抗菌作用による口腔内における感染の防止

『治療法、改善法』

高周波治療
口腔ケア(クリーニングなど)

同時に症状に合わせ、保湿剤(マウスリンス、スプレー、ジェルなど)、自然な唾液の分泌を促すタブレットなどを使用します。

今回はご自宅で使用して頂く商品をご紹介します。

<保湿剤>

sub-products-mouthjell

『バイオエクストラアクアマウススプレー』

いつでもどこでも、携帯に便利なマウススプレー
その他、「マウスリンス」「ジェル」「歯磨き剤」が同シリーズにございます。

タブレット

梅味の酸味で自然な唾液の分泌を促し、ドライマウスに働きかけるので、
美味しくて体に優しい一石二鳥のタブレットです。

口を潤すのではなく、自分の力で「唾液」を自然に作ることが大事です。

まずは、ご相談ください。